naotoの部屋

健康✖️ダイエット✖️節約ブロガーの日常

筋トレで痩せるならスクワットと懸垂は絶対にやるべき

20201004003241

 

こんにちは、naotoです。

今回は、筋トレで痩せるならスクワットと懸垂は

絶対にやるべきと言うテーマでお話をしていきます。

 

 

◆今回の記事では◆
・スクワットと懸垂でどうすれば痩せれるの? 
・筋トレだけでなく食事はどうしたらいいの?
 

 

と言った上記の疑問を解決していきます。

 

 

僕は痩せるために筋トレを始めて

スクワットと懸垂を毎日やり続けました。

そして、1ヶ月でマイナス3㎏ほど

減量することに成功しました。

 

 

それだけでなく、どれだけ

食べても太りづらい体も

手にすることができました。

 

 

 

まずは、なぜスクワットと懸垂を

した方が良いのか、その理由について

解説していきます。

 

 

筋トレでスクワットをした方がいい理由

20201004003428

 

まず、最初に筋トレで痩せたいと思う

人ならば基礎代謝について

理解しておきましょう。

 

 

他の記事でも基礎代謝について解説

していますが、ここでも基礎代謝の

説明をしていきます。

 

 

基礎代謝とは、何もしなくても体が

勝手に消費してくれるエネルギーの

事です。

 

 

人間の1日の消費カロリーの内

約7割が基礎代謝による消費だと

言われています。

 

 

この基礎代謝の量は筋トレをして

筋肉をつける事で上がっていきます。

 

 

つまり、カロリーを消費してくれる

基礎代謝の量をあげるなら筋トレは

絶対必要になります。

 

 

そこで筋トレをして基礎代謝の

量をあげるのに必要な筋トレが

スクワットです。

 

 

スクワットは太ももを鍛える筋トレです。

太ももは人間の体の中で、一番筋肉の

大きい部分です。

 

 

筋肉の大きい部位を優先的に鍛える

事で基礎代謝の量を早く上げてくれます。

 

 

その上で、他のどの部位よりも

スクワットを優先して筋トレを

すれば痩せやすい体になります。

 

 

僕が、普段やっている筋トレは

ジャンピングスクワットです。

 

 

思い切りジャンプして最後まで

しゃがみ込みを20回✖️3セットしています。

 

 

しっかりと、太ももに

負荷がかかっていることを

実感できるのであれば、

好きなやり方のスクワットで

構いません。

 

 

ただジャンピングスクワットは

かなりの高負荷なので体重が

重たい人ほどきつくなります。

 

 

筋トレをするなら懸垂も必要

20201004003652

 

懸垂で主に鍛えられる部位は

主に胸筋や腕の筋肉などがあります。

 

 

胸筋もまた太ももと同じく、

体の中で大きい筋肉の部位に

入ります。

 

 

この胸筋を鍛える事もまた

基礎代謝をアップさせるのに

繋がります。

 

 

しかし、それだけでなく

胸筋を鍛えることは、たるんでいる胸を

引き締めて逆三角形と言った男らしい

体にしてくれます。

 

 

懸垂は、最初難しければ、

ぶら下がるだけでも大丈夫です。

 

 

その間は懸垂の代わりに腕立てを

して筋肉をつけて、懸垂ができるように

鍛えましょう。

 

 

さらに懸垂ができるようになれば、

自衛隊式の懸垂

(腕を真っ直ぐ伸ばした状態から上がる)が

できるように練習しましょう。

 

 

良く、懸垂をすれば、

『体がゴツくなって逆に太く見えてしまう

と恐れる人がいますが、大間違いです。

 

 

筋肉を1キロ増やすのに1年以上もかかります。

胸筋がゴツくなる前に、筋肉がついた事により

基礎代謝で痩せていきます。

 

 

アメリカとかの映画で良く見る

ゴツい胸筋の人とかいますけど、

ああいう風になるには

ただ懸垂をするだけでは難しいです。

 

 

よってただの懸垂をする分には、

胸筋がゴツくなる心配はありません。

  

懸垂・スクワットだけでなく食事にも注意

 f:id:naotonoheya:20200202221914p:plain

 

筋肉の大きい部位を鍛えることで

基礎代謝の量が上がり、痩せやすい体に

なるのは事実ですが、

 

 

かと言って食事に

気を使わなければ、

ダイエットは失敗します。

 

 

筋トレをしているからと言って

暴飲暴食は控えるべきです。

 

 

プロテインなども摂取しすぎると

太る元になってしまいます。

 

 

しかし、食事を少し減らせば、

何か物足りないと感じたり、

栄養不足にもなる可能性があります。

 

 

そんな、食事にも気を使い、

栄養や満腹感にも満たされたい人に

おすすめしているのが、

 

 

置き換えプロテインダイエットです。

 

 

置き換えプロテインダイエットとは

食事を多く取りすぎないように

普通の食事をする代わりにプロテインを

摂取するダイエットです。

 

 

食事の量を減らしたりして、

物足りなさを感じたり、

満腹感を感じれない人は、

置き換えプロテインを飲むことで

満腹感を味わえます。

 

 

ご飯のおかずを一食だけ

置き換えプロテインに変える

だけで十分です。

 

 

味の種類も豊富で、健康的に

カロリーコントロールをすることができます。

 

 

※置き換えプロテインはこちら⬇️

 

 ※種類が豊富で他にもこんなのがあります⬇️ 

 

※シェイクタイプもあります⬇️

 
 
筋トレにプロテイン(タンパク質)は
相性抜群で筋肉を育ててくれ、なおかつ
基礎代謝の向上にもつながります。
 
 
なので、ぶっちゃけ個人的にシェイクタイプより
プロテインの方をおすすめします。
 
 
まぁそこは個人の自由なので
お任せします。
 

筋トレする部位は変えて行く

20201004003824

 

筋トレで痩せるためには、懸垂や

スクワットと言った体の筋肉の

大きい部位を鍛えるのが効果的です。

 

 

しかし、一概にも同じ箇所ばかり

鍛えるのではダメです。

 

 

脂肪が落ちるのには順番があるのです。

最初に顔の脂肪から落ちて、腕が落ちて、

胸が落ちて、最後にお腹という風な順番が

あります。

 

 

このことから、

体の大きい部位についた脂肪

(太もも、胸筋、腹筋)は

落ちるのには時間がかかるのです。

 

 

例として、腹筋ばかりを鍛えて

いつまでも腹筋が割れず、腹の脂肪が

無くならないのは腹筋ばかりを鍛えて

いるからです。

 

 

腹筋だけでなく、鍛える部位を

全身に広げることにより、

上記で説明した順番により

脂肪が落ちていきます。

 

 

そして、腹は最後に脂肪が落ちるため、

腹筋を割りたい人は相当の努力が

必要になるのです。

 

 

筋トレする部位を変えて全身を

鍛えることにより、全身の脂肪が

順番通りに落ちるので同じ部位

だけでなく、鍛える場所を

変えていきましょう。

 

 

よく部分痩せを狙う人がいますが、

基本的に部分痩せをする事はできません。

 

 

顔などの脂肪や腕の脂肪、

顔痩せや腕痩せをしたいのであれば

有酸素運動を取り入れても良いでしょう。

 

筋肉と脂肪の違い

20201004004233

 

『筋トレした方がいい』みたいな話を

すると、筋肉がつきすぎたら

体がゴツくなるから嫌と

言う人は中にはいます。

 

 

しかし、それは偏見で先ほども

説明した通り、1キロの筋肉を

つけようと思えば1年という年月が

かかる為そう簡単に筋肉はつきません。

 

 

脂肪と筋肉では、筋肉の方が重たいですが

体積(大きさ)は脂肪の方が大きいのです。

 

 

つまり、見た目的に体が大きく見える体は

脂肪が多く付いている体という事になります。

 

 

そして、筋肉をつければ体重が重くなっても

体積は大きくないので、見た目的には

スラッとした体に見えます。

 

 

さらに筋肉をつける事で上記で説明した

基礎代謝の量も上がるので体重も落ちて行く

ことは間違い無しです。

 

『筋トレで痩せるならスクワットと懸垂は絶対にやるべき』まとめ

20201004004445

 

今回の記事のまとめとしては、

 

・基礎代謝とは、何もしなくても

体が勝手に消費してくれるエネルギーの事。

 

 

・人間の1日の消費カロリーの内

約7割が基礎代謝である。

 

 

・基礎代謝を上げるには、筋肉の

部位の大きい、太ももや胸筋を

鍛えるのが効果的(スクワット、懸垂)

 

 

・脂肪が落ちるのには順番があるので

1つの部位を特化して鍛えるのでは無く

全身を鍛えて脂肪を落として行く。

 

 

・筋肉は、脂肪より体積が小さいため

見た目はスラッとした体型に見える。

 

 

・食事にも気をつけて、

置き換えプロテインなどで食事をカバーする。

 

 

以上が今回の記事のまとめとなります。

痩せる上で筋トレは絶対必要に

なってきます。

 

 

筋トレする部位もしっかり考えて

トレーニングして見て下さい。

 

 

それでは、これで

『筋トレで痩せるならスクワットと懸垂は

絶対にやるべき』

についての記事を終わります。

naotoをフォローする
id:naotonoheya
naoto