naotoの部屋

健康✖️ダイエット✖️節約ブロガーの日常

35歳からの女性だけのダイエット成功の秘訣

こんにちは、naotoです。

日々ダイエット本や健康に関する本を

読んでおり、その知識をあなたにも共有して

行きたいと思います。

 

 

今回の記事では、

 

✔︎35歳からの女性がダイエットに成功する秘訣

 

✔︎ダイエットに役立つ体に関する知識

 

 

について今回の記事では解説して行きます。

 

 

それでは、早速行って見ましょう。

 

 

 

35歳からは体重を気にしない

 

恐らくほとんどの女性が体重計ばかりに乗り、

体重の増減を気にしていると思います。

 

 

そこで認識を改めて欲しいのが

ダイエット=体重を減らすこと

では無く、

⭕️ダイエット=健康になること

と言うことです。

 

 

体重を減らすのがダイエットだと思い

体重ばかり気にしていないでしょうか?

 

 

もしそうであれば、今すぐ認識を

改めてください。

 

 

なぜ35歳からは、

体重を気にしなくて良いのか。

 

 

それは、年を重ねるにつれて痩せづらい

体になっていくからです。

 

 

詳しく説明すると、1日の内の

人間の消費カロリーの約7割が

基礎代謝と言われています。

 

 

※基礎代謝とは・・何もしなくても体が勝手に

                    消費してくれるエネルギーの事です。

 

 

その基礎代謝によって消費できるエネルギーが

年を重ねるにつれて少なくなってきます。

結果、痩せにくい体となります。

 

 

痩せにくい体になれば、運動や筋トレに

取り組んでもなかなか結果は出ません。

 

 

モチベーションも下がってしまい、

無理なダイエット(食事を食べないなど)に

取り組むようにもなります。

 

 

そして、

無理なダイエットに取り組んだ結果

頑張って、体重は落とせても

肌は汚いし、

髪の毛はパサパサ、

やつれて見えてしまう、

などの症状が起きます。

 

 

ですので、上記でも述べたように

⭕️ダイエット=健康になること

と認識を改めましょう。

 

 

頑張って体重は、落とせても

理想の自分とはかけ離れた

醜い姿だったら嫌ですよね。

 

 

あくまで、ダイエットとは健康に

取り組んでこそ意味があるのです。

 

 

35歳からの女性は体感や見た目を重視する

 

体重を意識するのでは無く、自身の見た目や

体感を意識するようにしましょう。

 

 

例えば、見た目で言えば、

体のボディラインのチェックや

顔のたるみ、自身の体を写真に

撮って記録するなどです。

 

 

 

他には、親しい友人や家族に

太ってきた部分を指摘してもらうなどの方法もあります。

 

 

そして、

この服が着れなければヤバイ

と言うような服を一つ決めておいて

それを定期的に着用して、太ったか痩せたかを

判断する方法もあります。

 

 

次に体感についてです。

効果的な運動をしていると

それは必ず体に変化をもたらせます。

 

 

例を挙げると、

『体が軽く感じる』

『前より汗をかくようになった』

『手足が冷えづらくなった』

 

などの変化がある場合は、

効果的な運動が出来ていると言えます。

 

 

体重などの数字を気にしすぎるのでは無く、

見た目や体感を意識することで健康的に

ダイエットに取り組むことができます。

 

女性ホルモンがダイエットにもたらす影響

 

女性ホルモンである『エストロゲン』が

分泌されることにより、脂肪代謝の促進を

促したり、満腹感に浸れたりしてダイエットには、

とても効果的です。

 

 

しかし、生理前にはエストロゲンの分泌が

減少し、イライラしたり、過食したりと

不安定な状態になります。

 

 

結果、太ってしまう時期でもあります。

 

 

そこで、生理前の『エストロゲン』の分泌が

減少し、太ってしまう時期になった時に

知って欲しいのが『幸せホルモン』と

呼ばれる二つのホルモンです。

 

 

一つ目は、

ドーパミン』と呼ばれるものです。

好きな俳優やジャニーズと恋愛していると

想像したり、ドラマやアニメでときめいたり

する時に分泌するホルモンです。

 

 

二つめは、

セロトニン』と呼ばれるものです。

朝早く起きて、日光を浴びたり、

乳製品、チーズ、肉や魚を食べることにより

分泌します。

 

 

この二つのホルモンを分泌させる

ことで生理前の不安定な状態を

軽減させることができます。

 

 

結果として、太りやすい時期を

乗り越えることができます。

 

 

35歳からの女性は睡眠も大事

 

上記で説明したように、生理前には

女性ホルモンである『エストロゲン』の

分泌が減少し、不安定な時期になり

太りやすくもなります。

 

 

それだけでなく、睡眠にも

影響を与えることになります。

 

 

睡眠に影響が出てくると、

ダイエットに良くありません。

 

 

詳しくは⬇︎記事にて書いています。

良質な睡眠を取ると痩せることができる?!そのメカニズムを解説 - naotoの部屋

 

幸せホルモン』の分泌により

睡眠の質も上がるので、

ぜひ、幸せホルモンを意識して見てください。

 

 

35歳からの女性だけのダイエット成功の秘訣『まとめ』

 

・『⭕️ダイエット=健康になること』と認識を変える。

 

 

・体重などの数字を見るより見た目や体感を意識する。

(ボディラインのチェックや体の状態を見る)

 

 

・女性ホルモンの『エストロゲン』の分泌に

より、脂肪代謝の促進を促したり、満腹感に

浸れたり、ダイエットに効果的。

 

 

・生理前は『エストロゲン』の分泌が減少し

不安定な状態になり、太りやすい時期でもある。

 

 

・幸せホルモンと呼ばれる

『ドーパミン』『セロトニン』を分泌させれば

生理前の不安定な状態を軽減できる。

 

 

・生理前の不安定な状態は睡眠にも、

影響を与えるが、幸せホルモンの分泌により

睡眠の質も上げることができる。

 

 

・睡眠もダイエットにとって非常に

重要なものになります。

(詳しくは内部リンクあり)

 

 

以上がまとめとなります。

 

 

ダイエットとはどこまで行っても

奥が深くてすごいですよね。

 

 

あなたもダイエットについて

もっと勉強して見てください。

 

 

それでは、

『35歳からの女性だけのダイエット成功の秘訣』

についての記事をこれで終わります。

naotoをフォローする
id:naotonoheya
naoto