naotoの部屋

健康✖️ダイエット✖️節約ブロガーの日常

ダイエットに効果的な運動とその知識

 

 

こんにちは。naotoです。

 

 

今回はダイエットに効果的な

運動について紹介します。

 

 

意外とみんな知らない知識も

紹介できたらと思います。

 有酸素運動と無酸素運動

 

有酸素運動

 

有酸素運動は、ウォーキングやランニングといった、

『筋肉へ軽負荷を与え続けるトレーニング』のことで

無酸素運動と比べて、筋肉は肥大しにくい運動ですが、

脂肪燃焼を促す効果が期待できるため、脂肪を燃やすには

必要不可欠なメニューになります。ダイエットをしたいと言う

方には、ぴったりな運動です。

 

無酸素運動

 

無酸素運動は筋トレや100m/200mと言った短距離

種目などのことを指します。有酸素運動はエネルギー

を消費する際、燃焼素材として酸素を必要としますが、

無酸素運動は糖質をメインエネルギーとして使います。

そのため筋肉の成長を効果的に促進してくれます。

 

有酸素運動と無酸素運動両方に取り組む

 

有酸素運動だけ、あるいは無酸素運動だけでも

ダイエットを成功させられます。ただ、本当に効果的

に痩せたいのであれば、有酸素運動と無酸素運動の

両方に取り組みましょう。

 

 

無酸素運動は、上記で説明した通り、糖質をエネルギー源

として使うため、脂肪燃焼を期待できませんが、

 

 

基礎代謝を上げるためには非常に有効な方法です。

基礎代謝のおおよそ40%は、筋肉の活動による消費

と言われており、筋肉量が増えれば自然と基礎代謝

は高くなるとされています。

 

 

基礎代謝が上がれば、有酸素運動の

脂肪燃焼に効果的なので、

有酸素運動、無酸素運動両方

組み合わせると効果は抜群です。

 

 

運動が効果的な時間帯は?

 

 

運動に効果的な時間帯は『朝』と『夕方』です。

 

 

朝は朝食前がオススメです。朝食前は夜寝ている

間、何も食べていないので、体のエネルギー(糖質)

が減っている状態です。脂肪は体のエネルギーが

少なくなってからの方が効果的に燃焼していきます。

 

 

なので、体のエネルギーが少なくなっている

朝食前に運動することにより、効果的に

脂肪を燃焼していくことができます。

 

 

また、朝の運動は、交感神経を活発にし、

その後の代謝をアップさせる効果も

期待できます。

 

 

朝の運動で消費するカロリーだけでなく

その後も普段より、脂肪が燃焼しやすい

状態を作ることができるのです。

 

 

もう一つのオススメ時間帯は『夕方』です

 

 

夕方は交感神経が活発になり、一番体が動く

時間帯です。朝目覚めた体は午後になるに

つれて活動的になり、夕方の時間帯がもっと

も活発な状態となります。

 

 

その夕方に運動することで、他の時間帯

よりも一歩の幅が大きくなるなど、

効果的に運動することができます。

 

 

ダイエットに効果的な運動

3種類の運動とその正しいやり方を

紹介していきます。

ウォーキング 

 

 

1.頭は上下左右に振らず、平行移動させる

 

 

2.歩く時は、軽く顎を引き10m先をみるイメージで。

 

 

3.肩は上げず、腕を大きくふって歩く

 

 

4.(3)の時、肘は軽く曲げた状態でふってください

 

 

5.呼吸は安定させ、自分の無理のない

ぺースを維持する。

 

 

6.横幅30cmの板の上を歩くように足を進める

 

 

7.親指の付け根で地面をぐっと押して前に進む

 

 

8.背中を伸ばした状態を維持する

 

 

ウォーキングの目安は20分✖︎2セット

 

5分間の休憩を入れる。

 

 

※ウォーキング中はスマホは見ないように

見る時は一度立ち止まって見ましょう。

 

ジョギング

 

 

 

1.体を前に前傾させすぎず、背中をまっすぐ

伸ばす

 

 

2.ウォーキングよりも脇は閉め、腕を小刻みに振る

 

 

3.軽く顎を引き、10m先を見る

 

 

4.肩に力は入れず、ブラさない

 

 

5.呼吸は安定させ、自分の無理のない

ペースを維持する

 

 

6.かかとから足をつけ、つま先で地面を押して進む

 

 

7.足は平行移動ではなく、太ももを持ち上げて

前に出す。

 

 

目安としては15分✖︎2セット

 

休憩は5分間です。

 

階段ダッシュ

 

 

 

1.50〜100の階段がある場所に行く

 

 

2.1段ずつ足を踏みしめながら、登って行く

 

 

3.(2)の時、スピードは重視せず、無理のない

速度で登りましょう。

 

 

4.登りきったら、休憩せずに下まで降りて行く

 

 

5.降りる時も登る時同様に1段ずつ丁寧に降りる。

 

 

6.元の位置に戻ったら、1分間休憩する

 

 

7.再度登って行く

 

 

目安は50〜100段の登り降り✖︎10回

 

 

トレーニングのコツ

 

 

・背中を丸めない

 

 

・足元ではなく、斜め上を見ながら登る

 

 

・腕をしっかり振る

 

 

・ペースを安定させる

 

 

最後に 

 

 

意外と基本中の基本の動作でも

ちゃんとした正しいフォーム

を守ることでより効率的に

運動することができます。

 

 

みなさんも、これを期に運動する際の

時間や正しいトレーニングを心がけて

脂肪を燃焼してみてはいかがでしょうか。

 

 

正しい知識を身につけることにより

効率的な運動ができますので

ぜひ様々な知識を取り入れてみて

ください。

 

 

それでは、ここまでお読みいただき

ありがとうございました。

naotoをフォローする
id:naotonoheya
naoto