naotoの部屋

健康✖️ダイエット✖️節約ブロガーの日常

Googleアドセンスに受かるために奮闘してます。

こんにちは。naotoです。

あれからGoogleアドセンス攻略に向けてかなり

考えて見ました。

まだ受かっていませんが、とりあえずわかったかもしれないことをまとめて行きます。

 

専門性は必要?

 

アドセンス申請して必ずと言っていいほど

不合格の理由が『価値の低い広告枠(複製されているコンテンツ)』というものになります。

 

僕は、この複製されているサイトとは何なのか

その答えは、

独自性(経験や自分にしかできない体験+専門性)なのではないかと推測しました。

 

しかし、

他の人のブログを見てみると、そんなに

専門性が高くない記事があったり、自己紹介をしている記事があるのにも関わらず4記事や少ない記事で合格している人も多く見受けられます。

 

専門性は本当に必要なのかと疑問に思うことがあります。

専門性というよりは、自分にしか経験できない体験の方が重要なのかと思います。

 

少なくとも受かっている人を見た感想ではそのように思います。

 

全ての記事を下書きに戻した

 

一度考えをリセットするために全ての記事を下書きに戻しました。

その上で、僕も自己紹介の記事を書いて見ました。

記事数はたった一記事で無謀なのはわかっていましたが、アドセンスに再審査を受けてみることにしました。

 

たった一記事で再審査を受けて見た

 

一記事という記事数で再審査を受けて見ました。

しかも、自己紹介という記事だけです。

 

結果はもちろんのことながら不承認。

しかし、不承認の理由は

『価値の低い広告枠(複製されているコンテンツ)』

『価値の低い広告枠(コンテンツが少ない)』

という二つの理由でした。

 

前も記事数が2記事などで申請したことがありますが、その時も『複製されたコンテンツ』だけで不承認でした。

 

ですが今回は、『コンテンツが少ない』という理由もついてきました。

これは、自己紹介しか書いてない記事を申請したので当然といえば当然ですが、気になることがもう一つあります。

 

価値の低い広告枠『複製されたコンテンツ』として不合格になる理由

 

自己紹介記事の1記事だけで申請した結果、不承認理由が『複製されたコンテンツ』『コンテンツが少ない』という二つなのはおかしい気がします。

 

普通は、『コンテンツが少ない』だけでもいいはずですが『複製されたコンテンツ』も理由に含まれています。

 

この『複製されたコンテンツ』というものが

自己紹介記事を指しているのではなく、僕のサイト内の何か別のものを指しているとしたらという仮説を立てて見ました。

 

記事は自己紹介記事しかないので、他の複製されている疑いのある記事それは、

プライバシーポリシー』なのではないのかと推測しました。

 

ネットではほとんど『プライバシーポリシー』はコピペしたものを使って普通に受かっている人もいますのでどうなるかはわかりませんが試してみる価値はあると思います。

 

最後に

 

この『プライバシーポリシー』を下書きにして再度申請してみることにしました。

 

どうなるかはわかりませんが、必ず考察と解析を

尽くして受かりたいと思います。

 

また、進捗状況を報告したいと思いますので

よろしくお願いします。

naotoをフォローする
id:naotonoheya
naoto